【地球温暖化が原因?】南極大陸にあるペンギン墓地

11 1月, 2021
このミイラ化したペンギンたちは、地球温暖化のせいで死んでしまったということです。

南極大陸にはペンギンたちの墓地があります。2016年、初めてこの墓地を発見したのは、中国科学技術大学でした。

保存状態がよく保たれた状態でミイラ化したペンギンたちが発見されたのは、南極大陸の東の端の地域でした。その多くはまだ皮膚や羽が残っている状態だったそうです。

100ほどのミイラ化されたペンギンが見つかったことは、多くの科学者を困惑させました。こんなにたくさんものペンギンを死に至らしめた病気や事故などの形跡はなかったからです。襲われたらしい形跡もありませんでした。

Liguang Sun率いる研究チームは、このペンギンたちの死因は地球温暖化であるとしました。雨が激しく続いた時期が2度あり、それによって何千ものペンギンが死んでしまったのです。そのあと水が凍り、ペンギンの死骸はミイラ化したのです。

アデリーペンギン

ペンギンは寒く、気候の厳しい地域に生息しています。だから南極大陸に住むことは、アデリーペンギンにとって問題ではないのです。しかし、ここ1000年の間に地球の温度はどんどん変化してきました。この変化は、安定した典型的な気候パターンを持つ地域に大きな変化を与えています。

そうです。気候の変化は、ペンギンにとって命に関わる問題なのです。氷に覆われて乾燥した場所に住むことに慣れているのです。何かの変化が起きてしまうと、ペンギンの数を大きく減らしてしまうことに繋がり兼ねないのです。

アデリーペンギン 南極  ペンギン 墓地

あわせて読みたい:109歳のおじいさんがセーターを編んでペンギンを助ける

ドクター・サンの所属する地球科学部は、様々なプロジェクトを行ってきました。南極大陸には、ここ1000年の間に少なくとも2度の、極度の雨の期間、雪の期間があったことが発見されています。

ミイラ化したペンギンのほとんどは、赤ちゃんペンギンでした。成長途中であるために、分厚く耐水性のある羽がまだ完全に生えそろっていない幼いペンギンたちだったのです。

赤ちゃんペンギンたちは、濡れてしまうと、冷たい風が吹くことによって低体温症を引き起こしてしまいます。おそらくそれが幼いペンギンたちの一番の死因だったのではないかと、ドクター・サンのチームは見解しています。

南極大陸にあるペンギン墓地

骨や羽が無傷の状態のアデリーペンギンの死骸が南極大陸で見つかることは、珍しいことではありません。南極大陸が彼らの生息地だからです。ですが、同じ場所で、一度にこれほど多くの死骸があることは普通のことではありません。飛べない鳥であるペンギンを一斉に死亡させた大きな出来事があるということなのです。

放射性炭素による年代測定によると、2つの別の時代にペンギンが死んだことが示されています。最初は750年前です。この地域の土地を研究した結果、生き残ったペンギンたちはコロニーをはるか遠くに移したことがわかりました。

過去のペンギンたちの行動を理解することは、将来、何かが起こった時にペンギンたちがどのように行動するかを予測することにつながります。研究者たちは、野生王国を守るためにその知識を使うでしょう。現在のところ、アデリーペンギンについての主な研究は、中国とオーストラリアで行われています。

氷の上のアデリーペンギン 南極  ペンギン 墓地

あわせて読みたい:ペンギンを保護すること :環境保護キャンペーン

暖かくなる地球

皆さんがご存知のことですが、ペンギンは寒くて乾燥した場所を好みます。ですが、地球温暖化のせいで、アデリーペンギンの未来はそれほど輝かしいものではないかもしれません。南極大陸で見つかったアデリーペンギンのお墓がますます大きくなるかもしれません…

”一般的に言うと、現在の地球温暖化はこのまま続き、さらに状況は悪化すると考えられている。”ドクターサンは言います。人間が作り出した地球温暖化によって、さらに気温は上がり、多くの雨や雪が南極大陸に降り注ぐことになるだろう。そしてさらに多くのペンギンたちが死ぬこととなるだろう。”と、ドクターサンは結論付けています。

アデリーペンギンは、南極大陸のペンギンです。研究者によると、現在およそ250の繁殖コロニーがあります。つまり、今現在は絶滅の危機に瀕しているわけではありません。

国際自然保護連合(IUCN)は、アデリーペンギンは実際のところ、絶滅リスクは低いと述べています。ですが、地球温暖化が彼らの生存にとっておおきな脅威となっていることは間違いありません。

2013年から2014年の交配期間に、すべての赤ちゃんペンギンが死んでしまいました。その原因は、雨と雪です。低体温症となり、生き抜くことができなかったのです。雨が今後降り続くのであれば、ペンギンの数は減っていくでしょう。つまり、南極大陸のペンギンの墓地は、広がることになるのです。

ドクター・サンは、ペンギンの命を守るため、地球温暖化を止めるために人類に呼びかけています。

私たちも、一人一人ができることを考えるべきではないでしょうか。

There Are Hundreds of Ancient, Mummified Penguins in Antarctica – https://www.livescience.com/63525-penguin-mummies-antarctica.html