ワンちゃんにコスチュームを選ぶときのポイント

コスチュームを着たワンちゃんはかわいいですね。でもコスチュームは何でも良いわけではありません。着させたいなら、正しいコスチュームを選びましょう。
ワンちゃんにコスチュームを選ぶときのポイント

最後の更新: 14 4月, 2021

近年、クリスマスやハロウィーンなどの特別な日には、ペットにコスチュームを着せてドレスアップさせたいという飼い主が増えています。犬がコスチュームを着ると、とても愛らしいですよね。ですが、選ぶときには注意しなくてはいけません。

ワンちゃんにコスチュームを選ぶときのポイント

愛犬のコスチュームを選ぶ際は、以下の点に注意しましょう。

1.ワンちゃんにとって快適であるもの

コスチューム姿のワンちゃんは可愛らしいと思うでしょう。ですが、快適ではないのなら意味がありません。コスチュームの目的が、「可愛く見せること」「面白く見せること」だったとしても、その前にコスチュームが快適であるかどうかが一番です。

そのため、嫌がるようなコスチュームを無理やり着せるようなことはしてはいけません。また、衣類を身につけること自体や、その衣類の素材に慣れる時間が必要だということも覚えておいてください。ペットの気持ちを尊重することは、飼い主として当然のマナーです。

2.質の良い素材でできたもの

インターネットで検索したり、ペットショップを訪れたりすると、様々なスタイル、素材、価格のペット用コスチュームが販売されているでしょう。質の良い素材を使ったものほど、価格は高くなりますが、ここは投資として考えましょう。

理想は、耐久性に優れ、低刺激性の素材を使ったものが望ましいでしょう。また、裾や折り返し部分などをチェックすることも大切です。ペットの毛に引っかかったりするような部分があるのはもちろんNGですし、かゆみや炎症を起こすような素材、デザインでないことが重要です。

犬とコスチューム

3.犬の体の形、大きさにあったもの

「そんなの当たり前でしょ」と思った方がおられるかと思いますが、実は、サイズの合わないコスチュームを着せられているワンちゃんも珍しくありません。購入する前には、必ず愛犬のサイズを測り、体型に合ったものを購入してください。

体型や大きさに合った衣類を着ると、より快適さを感じやすく、動きやすいでしょう。コスチュームは、愛犬の動きを邪魔するようなものではいけません。きつすぎてもいけませんし、大きすぎたり長すぎるのも良くありません。

4.細かい飾りのついたものは避ける

コスチュームといえば、飾りが凝っていたり、アクセサリーがついていたりするものが多いでしょう。ボタンやオーナメント、ビーズなどの飾りには特別注意を払いましょう。

これらの細かい飾りが付いているコスチュームは、しっかりと生地に付けられているなら大丈夫でしょう。ですが、例えば、動いたり噛んだりした時に簡単に外れてしまうようなら困ります。誤って飲み込んでしまう恐れもありますので、やはり一番安全なのは、細かい飾りの付いていないものを選ぶことでしょう。

では、大きな飾りなら大丈夫でしょうか? 大きい飾りの場合は、重くてペットが不快に感じたり、動きにくいという問題点があります。動くと音が出たり光ったりするようなものは、ペットが怖がってしまうかもしれません。

ワンちゃんを新しいコスチュームに慣れさせるには

前述したように、ペットがコスチュームに慣れるまでには少し時間がかかります。特に、これまで一度も衣類を着たことがない場合は、時間をかけて見守ってあげてください。

まず最初は、この過程がワンちゃんにとってはゆっくりと徐々に進むべきプロセスだということを飼い主が理解しなくてはいけません。そして、嫌がるなら決して無理強いをしてはいけません。

コスチュームを着た犬 ワンちゃんにコスチュームを選ぶときのポイント

初めてコスチュームを着せる時は、いきなり着せずに、しばらくワンちゃんの前にコスチュームを置いておきます。匂いを嗅ぐなどして、慣れてくれるでしょう。その後、ゆっくりと着せ、反応を確認します。不快な様子であればすぐに脱がせ、また別の機会に挑戦してみましょう。

コスチュームを着ても平気な様子であれば、ポジティブ・レインフォースメントを使ってワンちゃんを褒め、ご褒美をあげましょう。ご褒美はおやつだけでなく、一緒に遊んであげる時間を取るのもいいですね。

コスチュームを着たワンちゃんを外に連れ出すときは注意する

前述したコスチュームを着せる際のステップは、家の中など、安全でコントロールのできる環境で行いましょう。愛犬の気が散ったり、必要以上に不安になるのを避けるためです。愛犬が家の中でコスチュームを着ることに慣れたら、次は第二段階です。コスチュームを着たまま、外へ散歩に出ましょう。

コスチュームを着た犬を散歩させると、様々なことが起こり得ます。普段は誰も声をかけてこないのに、たくさんの人がコメントをしてくるでしょう。小さな子どもなら、触ろうとしたり、喜んで大きな声を出したりするかもしれません。

これは、犬にとっては大変なストレスで、恐怖すら感じる状況です。そのため、飼い主であるあなたが十分に注意を払わなくてはいけません。愛犬が社交的であること、他の動物や知らない人に対して攻撃的にならないよう、きちんと躾けられていることが大切なのです。

こちらの記事もおすすめです。
どうして猫は飼い主の服を噛んでくるの?
My Animals
で読むことができます。 My Animals
どうして猫は飼い主の服を噛んでくるの?

猫が服を噛む 時、「この子は私の服が嫌いなのかな」、「変なニオイがするのかな」と思っているあなた、実はこれにはもっと深いわけがあるのです。この記事ではどうして猫ちゃんがこんな行動を取るのかをご説明いたしますので、皆さんの愛猫への理解を深められたら幸いです。