アーティストがペットに捧げた5つの曲

犬や猫などの人気のあるペットは、4本足の友人としていろいろなアーティストの歌に登場しています。
アーティストがペットに捧げた5つの曲

最後の更新: 07 2月, 2021

動物は私たちの生活の一部であり、映画、物語、伝説に多く登場します。

今回の記事では、国際的なアーティストがペットに捧げた曲についてご紹介します。

ペットに捧げられた曲

ソーシャルネットワークでは、犬や猫と一緒に写真に写るのがトレンドになっていますが、これだけがペットへの愛情を表現する方法ではありません。

特に音楽の世界の有名人たちには、彼ら独自の愛情表現がありました。動物が家族に向けて示す無条件の愛情は、そのジャンルを問わずいくつかの歌詞になっています。ここからは、ペットに捧げられた曲をご紹介します。

1.「デライラ」byクイーン

猫好きで有名なフレディ・マーキュリーは、自身がロンドンに所有していたいくつかの家で、最期の時まで猫たちと過ごしたと言われています。最も有名な猫はティファニー、ロミオ、デライラで、その一匹の名前と同じ「デライラ」という曲は1991年に発表されました。

アルバム「Innuendo(イニュエンドウ)」に収録されているとても美しい曲です。この曲では、デライラという猫は特別な存在で、「君は予測不可能な存在で、君が隣に寄り添って寝ると、とても幸せな気分になる。」と歌われています。

クイーンの他のメンバーは、この歌を加えることに同意しませんでしたが、フレディー・マーキュリーはこの歌を収録すると言い張り他のメンバーの意見を聞きませんでした。

2. 「マーサ・マイディア」byビートルズ

2つ目にご紹介するペットに捧げられた曲は、ビートルズのポール・マッカートニーが「ホワイト・アルバム」に書いた「マーサ・マイディア」です。

イギリスで最も有名なバンドであるビートルズが1968年に発表した30曲入りのアルバムの一曲です。

ペット 歌

マーサは、ポール・マッカートニーが愛したボブテイルでしたが、この曲は女性のことまたは老夫婦のことを歌っていると解釈することもできます。

ただし、ポールマッカートニーがこの曲は誰のことを歌っているのかという質問を受けた時、彼は自分の愛するペットのことだと答えたと言います。

3. 「ドッグブルース」byパポ

アルゼンチンの歌手であるパポは、自分が「世界一の母親」と呼ぶ自分の母親についてなど、自分の気持ちを多く歌った歌手でした。

アーティスト ペット 歌

ドッグ・ブルースは、パポと長年一緒に暮らしていたフォックス・テリアのカクタスに敬意を表して書かれた曲です。パポはカクタスを全国のコンサートやツアーに同行させました。

カクタスは完璧な犬で、ドッグ・ブルースという曲を愛し、彼と一緒に旅に出るのを楽しんだと言われています。

4.  「ザ・ラブ・キャッツ」byザ・キュアー

1983年にロバート・スミスのバンドであるザ・キュアーが発表し、イギリスのトップ10チャートの輝いた曲は、猫に関する曲でした。

有名人 ペット 曲

この曲の背後にある物語は、アーティストが猫と一緒に過ごした生活を描写しているのではなく、ネコ科の動物と人間の弱さの間にある並行性を意図したものだと言われています。

歌詞の一部をご紹介します。

「他人が眠っている間に街を駆け抜ける。重要でエレガント、狡猾ながら明るい光を放つ」

5. 「シーマス」byピンクフロイド

ペットに捧げられた曲のリストを完成させるためには、ピンク・フロイドの「歌う犬」についてお話ししなくてはいけません。

この犬がステージ上で吠える曲は、このバンドにとって欠かせない曲の一つになりました。

アーティスト 曲 ペット

シーマスとはコリーの名前であり、1971年に発表されたアルバム「おせっかい(Meddle)」に収録されていた曲は「シーマスのブルース」というタイトルでした。

この曲を聴くと犬が唸っている声が聞こえるかもしれません。

興味深いオリジナルのブルースであるこの曲は、ファンの中からは「イライラする」という批判も出ました。

こちらの記事もおすすめ
動物のために作曲された音楽:あなたのペットに聞かせてあげよう
My Animalsで読むことができます。 My Animals
動物のために作曲された音楽:あなたのペットに聞かせてあげよう

信じ難いかもしれませんが、どうやら動物にも音楽の好き嫌いがある模様です。だからこそ、動物に好かれようと必死に頑張っている 作曲 家さんもいらっしゃいます。音楽は動物の好奇心をくすぐったり、幸福度を高めてくれます。もはや、 動物 が 音楽 を聞くというのはファンタジーではないのです。