家で行う犬の完璧なお手入れの仕方

家で行う犬の完璧なお手入れの仕方

最後の更新: 10 9月, 2018

ペットを飼うという事は、愛らしい小さな愛犬を抱きしめて可愛がるだけではありません。それは責任を必要とし、ペットにとって重要な衛生管理に関わる手入れもきちんと行うことです。愛犬をペット専用の美容院へ連れて行ってお手入れするのか、自分で行うべきなのか迷っている人もいるのではないでしょうか。

中には毎月美容院に連れて行くことを選択しますが、誰もがそれを好むわけではありません。自宅で犬の手入れを行う人も多くいます。これは高くつく場合もありますが、犬とあなたとの絆を深くする良い機会です。ペットがより簡単に楽しくお手入れをできるために以下のヒントを参考にしてみてください。

家でのお手入れ

タオルで体をふく猫

大変な仕事のように見えますが、順番を決めてしっかりと整理して行えば非常に単純な作業です。この記事は読めば、愛犬をきれいにすることがそれほど難しくないことだとわかるでしょう。

シャンプーを選ぶ

犬の皮膚と毛は人間とは非常に異なっているので、お手入れをする前に特別な犬用のシャンプーを買うことが重要です。犬のニーズを満たしす特別で柔軟なシャンプーによって、犬の肌と毛は健康的で輝いているように見えます。

手入れするのに最適な場所を見つける

犬の快適さだけではなく、あなた自身のためにも入浴するのに十分なスペースが必要です。庭、パティオ、または大きなテラスなどあなたとペット両方ともが簡単に移動することができる広い浴室が必要になります。

細心の注意を払う

犬の耳は最も繊細な部分であり、洗うときには特に気をつけてください。水が耳に入って中耳炎を起こしやすくなります。中耳炎になると、後で治療するのが難しい場合があります。犬を自宅で手入れする場合には、耳にコットンボールを詰めておくのが最善の方法です。

水温

厚い毛皮で覆われ肌も分厚いので、高い温度に耐えることが出来るように思いますが、その見た目に騙されてはいけません。それは完全に間違いで、高い温度の水は不要です。ぬるま湯を利用しますが、熱いよりは、冷たい温度に近い水を使用します。このぬるま湯が犬にとって快適な理想的な温度です。

洗い始める

一度濡らしたら、シャンプーを足につけ慎重にこすることで汚れを取り除くことができます。次に、地面に常に接していて体の中で最も汚れた部分である足を磨いてください。

将来起こる可能性のある問題を回避するため、耳の周りは特に注意を払いながら頭を洗ってあげてください。

すすぎ

すすぎに関しては頭から始めてたくさんの水を使って毛全体をすすいでください。シャンプーがなくなるまで擦り続けてください。体全体からシャンプーが取り除かれ完全にきれいになる前までしっかりすすがなければなりません。

乾かす

ブラッシングしてもらう犬

犬が最も嫌うドライヤーで乾かす前に、タオルで余分な水分を取り除いてください。

まずあなたができる最初の事は、犬の毛を空気乾燥させることです。次に、できる限り外で毛を乾燥させてください。そうすれば長時間ヘアドライヤーを使う必要はありません。

犬がドライヤーを怖がる場合は、常に次の2つのオプションを利用することができます。第一に、外で空気乾燥させることです。第二に、特別な犬用のヘアドライヤーを使う方法です。これらのドライヤーは孫が少なく、温度も上がりません。

ブラッシング

最後に、ブラッシングを行います。あなたが望み、犬が嫌がらないのであれば、少し香りあるコロンをスプレーしても良いでしょう。頭から背中を通って、最後に尻尾と足をブラッシングしてください。

愛犬を毎日ブラッシングすれば、犬の毛は健康で輝かしく保つことができることを忘れないでください。毎日のブラッシングで、それほど頻繁に手入れをしなくても済むようになります。

こちらの記事もおすすめです。
犬はどれぐらい長くお留守番できるのか?
My Animalsで読むことができます。 My Animals
犬はどれぐらい長くお留守番できるのか?

ペットに24時間付きっきり、なんて生活は到底できませんよね。つまり彼らを孤独にさせてしまうのは、ある程度避けられないのです。また時には、長時間家を空けなくてはいけない日もあるかもしれません。すると「一体ワンちゃんはどれぐらい長く孤独にお留守番できるのだろう?」って思うこともあるでしょう。