しつけに効果的!犬用ヘッドカラーを正しく使う方法

今回は、犬用ヘッドカラーについて説明します。正しい使用方法を知っていれば、とても便利なトレーニング用具となります。
しつけに効果的!犬用ヘッドカラーを正しく使う方法

最後の更新: 19 11月, 2019

犬をトレーニングする方法は幅広く、専門家が推奨する方法もあれば、友人、隣人、知人などから役立つヒントを得ることもあります。

その情報源に関係なく、犬の心身の健康に悪影響を及ぼさないように、それぞれのトレーニングがどのような方法で行われ、どのような効果が得られるのかを正しく理解することが大切です。

ヘッドカラーとは?

ペットを飼うのが初めての場合、ヘッドカラーについて耳にしたことがないかもしれませんが、問題ありません。

本記事ですべて説明します。

散歩に出かけるときに、犬がいうことを聞かないなどの問題に悩んでいる場合は、特にヘッドカラーがお勧めです。

犬の散歩とは、飼い主が犬を連れて行くものであり、飼い主が犬に引っ張られてはいけません!

犬が自由に振る舞う理由の一つが、犬が家族の中で自分の位置を把握できてないことです。

家族の一員であると考えることができず、自分自身をパックと呼ばれる群れのリーダーだと考えているため、家の中や散歩にも自由に振舞っていると考えられます。

しつけに効果的! 犬用ヘッドカラー を正しく使う方法 正しい装着
画像転載元:https://notesfromadogwalker.com

犬種によっては、このような自由な振る舞いが、時間の経過とともに家族に対する攻撃的な行動へとつながる可能性もあるため、できる限り早くトレーニングを始めて、このような振る舞いを修正することが大切です。

ヘッドカラーは、犬の自由な振る舞いをしつけるのに役立ちますが、積極的に褒めることを第一に考えてしつけるように心がけてください。

ヘッドカラーの使用方法

冒頭で述べたように、多くの友人や知人からもヘッドカラーの使い方についてアドバイスを受けるかもしれませんが、ヘッドカラーなどのデリケートな問題に関しては、専門家からのアドバイスを受けることをお勧めします。

ヘッドカラーは、正しい方法で装着しないとトレーニングという目的を達成することができないばかりか、状況が悪化することがあります。

そのため、正しく装着することが大切です。

しつけに効果的! 犬用ヘッドカラー を正しく使う方法 横たわる犬
画像転載元:https://paws4udogs.wordpress.com

 

ヘッドカラー使用時の注意事項

  • 生後8ヶ月未満の犬には使用しない:子犬の頃からしつけを始めるのはとても良いことですが、犬種に関係なく、ヘッドカラーは生後8ヶ月を過ぎてから使用してください。犬の骨と筋肉は発達するのに時間がかかるため、過度の圧力をかけると問題が生じる可能性があります。
  • 1日18時間以上使用しない:トレーニングを継続するために自宅で使用する場合も1日18時間以上の着用することはお勧めしません。自宅で犬のトレーニングを行う場合でも、自宅と外の交互で使用してください。また18時間以内というのは成犬の目安です。使い始めは、短時間のみ使用し、必要に応じて徐々に使用時間を増やしましょう。
  • 引っ張らない:ヘッドカラーは、飼い主の「小さい」動作を通じて犬をしつけるものであり、歩く場所や停止するタイミングなどを犬に伝えるためのトレーニング用具です。強く引っ張るために使用されるものではないことを理解してください。過剰に引っ張ることで、犬を傷つけるリスクがあるだけでなく、犬が飼い主に背を向けてトレーニングが逆効果になる可能性があります。
  • しっかりと装着するがきつくない:ヘッドカラーは、犬が口を開けて息ができるように正しい方法でしっかりと装着されるべきですが、きつくつけすぎないように気をつけてください。

ヘッドカラーの機能が理解できましたか?

犬をトレーニングするのにとても効果的で便利なヘッドカラーですが、犬のしつけにおいて大切なのは、犬への愛情と敬意です。それを忘れずに大切な愛犬のトレーニングを行なってくださいね!

こちらの記事もおすすめ
攻撃的な犬への5つのオススメ対処法:犬の攻撃性とは?
My Animalsで読むことができます。 My Animals
攻撃的な犬への5つのオススメ対処法:犬の攻撃性とは?

攻撃的な愛犬とうまくやっていくことはとても骨の折れることでしょう。おとなしかった犬が急に攻撃的になった場合、気の立った愛犬を落ち着かせようとする際に飼い主が深刻な怪我をしてしまう危険もありますので、気をつけましょう。 犬の攻撃性 についても詳しく見ていきましょう。