犬を人間扱いするのがよくない理由

28 10月, 2018
人間は時折、犬を自分の子供と混同し、自分の赤ちゃんのように扱います。犬への愛情と手厚いケアはしっかりしなければなりませんが、動物は動物として扱われるべきです。赤ちゃんではなく犬を飼っていることを忘れないでください。

もし犬を人間の赤ん坊のように扱い続ければ、犬は本当に甘やかされた子供のようになります。そうなってしまうと、飼い主としては失格で、大きな責任を負うことになります。犬が飼い主の子守唄がなければ寝られない場合は、犬を 人間扱い しているサインです。飼い主がいないと眠ることができず、枕を必要とする犬さえいます。

近頃は若いカップルで、子供を持たずに代わりに犬を飼うカップルが多いです。なぜなら犬は子供より複雑ではありません。お腹を痛めて産む必要もなく、犬は常に無償の愛で飼い主を慕い続けるからです。

人間扱い :犬との親子関係に注意

ラブラドールと飼い主 人間扱い

親子関係を持った犬は分離不安症を生じる可能性があります。犬は人間よりも寿命が短く病気にかかりやすいです。より脆弱な犬は、飼い主に強く依存する傾向があります。犬はとても知的ですが甘やかされた場合、飼い主の不在に耐えられず胃炎や大腸炎、睡眠障害、社会性欠如など様々な病気に苦しむことになります。

様々な研究においても、ペットが人間化された関係はバランスのとれた関係ではないと実証されています。動物の行動も変化して、過度の支配されることに対する恐怖、不安、ストレスなど様々な問題が発生します。

人は、人間ではない猫や犬に人間の性質を当てはめる傾向があります。食卓にやってきた犬が、人間の食べ物を欲しそうにしているのを見て、少しあげてしまう人も少なくありません。しかし、もしかしたら犬は空腹でないかもしれません。犬は、そこで自分が欲しいものを何でも手に入れる方法を習得する可能性があります。

バンビ効果

バンビ効果とは犬の控えめで甘く無垢な性格によって、人間が犬に感じる好意的な感情です。私たちは犬をあたかも人間の赤ん坊のように扱いますが規則を守り規律を維持することが重要です。そうでなければベットを混乱させるだけです。

餌のやり過ぎと犬の服

餌のやり過ぎも犬を人間化している良い例です。肥満はペットにとって、とても危険です。専門家は、人間の食べ物を与えるのは犬を人間化していて様々な種類の心臓や代謝疾患を引き起こす可能性があると主張しています。

様々な犬の人間化

女性にハグされる犬 人間扱い

犬の人間化は、最近その傾向がますます顕著になっています。犬の誕生日を豪勢な食事とケーキで祝ったり、流行の服を買ったり、ベッドで一緒に寝たり赤ちゃん言葉で話しかけたりするなどです。

犬を人間化するのは飼い主のニーズを満たしていますが動物のニーズは満たされていません。犬や猫はそのようなものは必要ありません。犬はとても愛情深く愛に満ちていますが、ペットはそれぞれの特性を持っており、人のように扱うのはよくないことです。