犬が子犬から大人に変わるとき

犬が子犬から大人に変わるとき

最後の更新: 10 7月, 2018

小さな子犬が家にいるのに慣れていたかもしれませんが、あなたが望んでいなくても必然的に犬は大きくなります。そして当然のように子犬ではなくなると、様々なことが成長して変わっていきます。適切なタイミングで食事を与えるなど、今までの習慣を変えなくてはなりません。あなたは犬がいつ子犬から成犬にかわるかご存知ですか?

何歳になると子犬から成犬になるのか

子犬から成犬になる年齢は多種多様です。主に犬の品種によって決められます。ここではいくつかの例をご紹介します。

みつめるチワワ

・チワワ、ビションまたはブルドックの子犬は生後10ヵ月で子犬から大人にかわります。バセットハウンドやコッカースパニエルなどの中型の犬種もほぼ同じ時期に成犬になります。
・大型またはそれ以上の犬種は18ヶ月に達するまで子犬であり続けます。大きな犬は、遊ぶのが好きなのはこのためです。

犬がいつ子犬から成犬に変わるか知っておくことはとても重要です。なぜなら、大人になったら食事を変えなければいけないからです。

子犬の餌

子犬は膨大な量のエネルギーを消費するので、必要なビタミンやタンパク質に加えて、脂肪の多い食べ物つまりエネルギーをたくさん取る必要があります。

また、歯を強くするために犬の餌は固い方が良いです。水やミルクで子犬の食べ物をふやかして食べさせる方が良いと思ってる人も多くいますが、それは真実ではありません。柔らかい食べ物は歯が適切に発達するのを妨げます。

少し高価かもしれませんが、長い目でみて子犬にとって良い、よく知られたブランドの餌を選ぶことをお勧めします。また子犬はたくさんのエネルギーを消費するので、1日に4回から6回食べなければいけないことを覚えておいてください。たくさんの量である必要はありませんがコンスタントに餌を与えることが大切です。
また、生後2、3ヶ月になったら食事を一日4回に減らしてください。生後4ヶ月から6ヶ月後には1日3食に、生後6ヶ月になったら2食に減らしてください。しかし、子犬だった時の全ての食事のプロセスは、大人になったら全て変わります。

成犬の餌

犬が成犬になると餌が変わります。したがって、いつ大人になるかを知ることが大切です。犬が子犬でなくなると、食べ物の量は大幅に減少するはずです。

小型犬または中型犬の場合は12ヵ月、大型犬の場合は18ヶ月から、1日最大で2食の餌を与えます。できれば1日1回が理想的ですが、お腹を空かせているようなら、その量を2回に分けても良いでしょう。食事の量2倍にすると言うわけではありません。1回の食事の量を2回に分けて与えてあげてください。

食べものはペットの成長と健康の基礎です。よって子犬に見られるあらゆる変化に注意することが非常に重要です。健康的に成長して欲しいのであれば、犬がいつ子犬でなくなり、いつ大人になるのかをしっかりと把握しておかなくてはなりません。

もしあなたが子犬を里親として引き取って、その子犬の年齢が確かでない場合は、獣医に相談してください。獣医がガイドラインやアドバイスをくれるので、成犬になるためにいろいろ変化しなければならないときに、適切なタイミングで対処することができます。

こちらの記事もおすすめです。
吠えるのを止めさせる6つの方法
My Animalsで読むことができます。 My Animals
吠えるのを止めさせる6つの方法

犬が吠えるのは危険を知らせるためであったり、愛情や幸せを表現したりするためです。犬はコミュニケーションをとるために吠えるので、犬が吠えることは自然なことです。もちろん「群れのリーダー」として飼い主のあなたが吠えるのを止めさせるべきなのですが、簡単なことではありませんね。詳しくはこちらの記事でど...