基本的な子犬の訓練方法

基本的な子犬の訓練方法

最後の更新: 17 7月, 2018

基本的な子犬の訓練は生まれて最初の1年に行うのが良いです。早く始めれば始めるほど効果的で、いたずらを始めるのを待ってから訓練をしていると手遅れになる場合もあります。

は人間のように自ら物事を学びません。飼い主に、家の中と外でどのように行動するかを教えてもらう必要があります。責任のある飼い主はこれを十分に認識し、子犬のうちから時間をたくさん使ってしつけを始めます。

犬に基本的な訓練やしつけを提供しないのに、悪さをした時だけに罰を与えるのは非常に不公平なことです。犬は好奇心が強いだけで、衝動的に行動する生き物です。犬が自分自身をコントロールできるようになるかは、飼い主のしつけ次第です。

基本的な子犬のしつけを始める

3ヶ月未満の場合、家族の中の1人だけが子犬を訓練するのが理想的です。3ヶ月を過ぎたら、犬は他の人からもコマンドを受け取ることができます。

噛みつく犬

まず初めに犬が眠る場所を見つけてあげてください。自分の領域がどこなのかを知る事は、子犬にとって基本的な訓練で重要な部分です。寝る場所は快適でなければならず、子犬はここが眠る場所だと学ぶ必要があります。

子犬に名前をつけ、それが自分の名前だと認識させるのも非常に大切です。簡単に思い出すことができるので、短い名前が一番良いでしょう。最初はゆっくりと犬の名前を言い、あなたが呼ぶ度に犬に飼い主の方へ来るように促します。

子犬は「NO」の意味を学ばなければなりません。強く「NO」と言わなければなりませんが、叫んだり脅迫したりしないでください。「NO」の意味が何か禁止を意味していることを子犬は次第に理解します。これができるようになると、子犬の基本的なしつけは大きく前進するでしょう。

トイレトレーニング

家庭のルールに従って糞尿のトイレトレーニングをするのは、多くの飼い主にとって最大の課題です。しかし、幼い頃から訓練をしていれば、それほど難しいことではありません。一番良い方法は、決められたトイレに数時間毎ごとに子犬を連れて行くことです。うまくトイレができたら、犬におやつやおもちゃなどの報酬を与え褒めてください。犬は、良いことをしたので褒められ褒美をもらえたと理解することが重要です。

子犬は通常、毎食後一時間以内に糞便をするので、その時間が外出するのに理想的な時間になります。犬が間違った場所で排尿排泄したりする場合は「NO」と言ってください。

子犬が寝る一時間前に、余分な水を捨ててください。飼い主がこの単純な動作を強制して続ければ、犬は一週間程度でこのしつけになれ、訓練は完了するでしょう。

その他のトレーニング方法

上記で紹介したトレーニング以外にも基本的な子犬の訓練がいくつかあります。ここでは最も重要なしつけ事項をいくつか挙げます。

・毎日同じ時間に食べ物を与えてください。そして食事はいつも飼い主が食べた後に与えます。そうすれば犬は「誰がボスなのか」を理解するでしょう。

・長い間一人ぼっちにしないでください。それは時間をかけて徐々に行い慣らしていきます。まず、短時間一人で留守番をさせ、徐々にその時間を増やしていきます。

・リーシュを使って家の中を歩いてください。子犬はあなたの隣を歩かなければならず、あなたが止まった時は子犬も同様に止まらせてください。上手にできたら褒美を与えてください。

社交的に交流することは非常に重要です。

・リーシュで決して殴ったり脅したりしないでください。リーシュは楽しいものでなければなりません。それは飼い主とつながる一種のへその緒のようなものです。

・子犬がリーシュを引っ張る場合はただ「NO」といい、向きを変えて誰が命令する立場にいるのかを明確にします。

・子犬の寝場所で決して薬を与えたり、罰を 与えたり、傷の手当てをしないでください。

叱られる犬

はっきりした簡潔な方法でコマンドを出すのが良いでしょう。そうすれば子犬はより簡単に理解することができます。コマンドを出すときに、いつも同じトーンの声を使用して、叫んだり大声を出すのは避けて下さい。

一番重要なのは、コマンドを常に一致させることです。つまり、一度ダメと言ったものは、常に禁止されるべきです。矛盾したコマンドは子犬を混乱させるだけで、犬はあなたが従うべき相手ではないという印象を持つ可能性があります。

こちらの記事もおすすめです。
犬が子犬から大人に変わるとき
My Animalsで読むことができます。 My Animals
犬が子犬から大人に変わるとき

小さな子犬が家にいるのに慣れていたかもしれませんが、必然的に犬は大きくなります。そして当然のように子犬ではなくなると、様々なことが成長して変わっていきます。適切なタイミングで食事を与えるなど、今までの習慣を変えなくてはなりません。犬が子犬から大人に変わるとき