徹底解説します!猫のトイレトレーニングについて

04 12月, 2019
猫と家の衛生状態は、あなたの猫がきちんとトイレができるかどうかで変わってきます。決められた場所以外でトイレをしてしまった場合、叱るよりも行動で示してあげる方がトイレトレーニングはスムーズに進みます。
 

猫に芸を教えることは、特に大人の猫だと簡単なことではありません。しかし、子猫のうちであればトイレトレーニングなどのしつけを行うことは比較的簡単にできます。この記事では、猫のトイレトレーニングについて徹底解説したいと思います。

猫トイレを使ったトイレトレーニングのヒント

通常、猫は母親から生きていくすべを学びます。しかし、拾ってきた猫や親のいない猫にはこのような機会がありません。

猫トイレのしつけは難しいですが、猫や家の衛生状態は猫のトイレトレーニングにかかっていると言ってもいいでしょう。では、詳しいしつけ方法について見ていきましょう。

1.猫トイレを購入する

犬とは違い、猫は自分の好みや持ち物に関してこだわりがあります。そのため、猫トイレ選びは重要です。ペットショップには様々な種類の猫用トイレがありますが、すべてがあなたの猫に適しているわけではありません。

まず、サイズに関してですが、猫が砂をかけて簡単にうんちを隠すことが出来る広さが必要です。猫を2匹以上飼っているのであれば、1匹に1つ猫用トイレを用意しましょう。また、トイレを置く場所も考える必要があります。洗面所のような人通りが少ない場所がいいでしょう。そして、猫の餌やベッドの横に置かないようにしてください。

また、猫トイレに使う猫砂についても考える必要があります。添加物のない天然由来のもの、化学物質を含むもの、そして臭いを中和する合成物質を含むものなどがあります。あなたの猫にとって最もふさわしいと思われるものを選び、猫砂は猫トイレの縁までいっぱいに入れないようにしてください。猫砂を周囲にまき散らさずにうんちを砂で隠すことが出来るようなスペースを残しておきます。

 
猫トイレに座る猫 猫 トイレトレーニング 

合わせて読みたい『猫のトイレの臭い防ぐための対策:あなたの家は臭ってない?

2.猫の習慣に注意する

猫をしつける際は、猫の毎日の習慣や活動を尊重してあげることが大切です。たとえば、猫によっては食べた後、あるいは昼寝の後にトイレに行く習慣があるのです。

あなたの猫の習慣を知ることは、決まった場所以外でのトイレを避け、猫トイレで済ますようにする助けになります。

3.遊びながらしつける

遊びながらしつけることで、歯磨き中におとなしく座っているといった他のことも教えやすくなります。猫トイレの近くで遊ぶことで、見慣れないものに警戒しなくなるでしょう。

また、猫トイレに猫を置き、猫砂を掘る、あるいは猫砂で遊ぶようにしてもいいでしょう。きっかけを作るためにも、指を猫砂に入れて動かしてみてください。猫トイレで用を足した後に砂で隠さない場合は、ショベルで隠してあげて、お手本を見せてあげるのです。決して猫の足を掴んで無理やり砂で隠すようなことはさせてはいけません。これは逆効果になります。

4.大きな声を出したり叱ったりしない

猫のしつけに大きな声は必要ありません。トイレトレーニングを受ける猫はまだ子猫で、生まれて初めてうけるしつけなのです。上手くできなくても反抗しているわけではありません。まだ練習中ということを忘れずにし、穏やかな気持ちでいることが大切です。

 

猫が決められた場所以外でトイレをしてしまった際、猫の鼻をおしっこやうんちに押し付けようとする人がいます。これでは猫は飼い主を怖がるだけです。

猫がきちんと猫トイレを使えたらしっかりと褒めてあげ、撫でてあげましょう。良い行動を褒めることは間違った際に叱るよりも効果的です。“反抗的”なシャム猫であればなおさらです。

関連記事『子猫の飼い方について:これを覚えておけば間違いなし!

5.うんちを猫トイレに入れる

猫トイレ以外でうんちをしてしまったら、そのままゴミ箱に片付けるのではなく、ビニール袋でうんちを拾い、猫トイレに置いてみてください。そして、臭いが完全になくなるように掃除します。うんちをする正しい場所を猫が覚えるまで、必要なだけこれを繰り返しましょう。

猫 トイレトレーニング 

どうしてもトイレトレーニングができない場合は、別の方法として、猫トイレを置いた部屋に猫を数時間入れ、ドアを閉めておくことで猫トイレに慣れてきます。