ペットのいる家を綺麗に保つ方法

23 10月, 2018
ペットのいる家を綺麗に保つのは簡単なように見えますが、そうではありません。毛を取り除くだけでなく、家庭で行える方法と衛生的な習慣を覚えて、犬が残すシミや嫌な匂いを防がなければなりません。

ペットがいる場合、しっかりと清潔に保っていないと、その独特の匂いが不快なものになってしまう時があります。家を頻繁に掃除しても、一向に綺麗にならず、匂いが消えないことも多いでしょう。今日はペットを飼いながら、 家を綺麗に保つ 方法をお伝えします。

家を綺麗に保つ :どうすればいいの?

犬の居どころ

ペットを飼いながら家を綺麗に保つためには、ペットに決まった寝床を与えることが重要です。頻繁に掃除しましょう。犬のベットは簡単に洗える素材と取り外せるカバーでできている必要があります。

ペットに寝床を与えることが重要 家を綺麗に保つ

もし犬のベットがある場所の床を、可能であれば、漂白したり、殺菌したり、消臭剤をモップをかける度に少し使うようにしましょう。また、匂いのもとの、犬の食べ物や水がはいったボウルをキッチンなどに置いたままにしないようにしましょう。

ペットを洗ってあげる

ペットを1ヶ月に1度洗えばいいという人がいます。しかし、獣医や専門家の多くは半月に1回洗ってあげても、何の問題もないと断言しています。

ペットを洗ってあげる 家を綺麗に保つ

 

そうすることによって匂いを犬の毛から消すことができます。もし香水を使うと、犬が歩くのと同時にその匂いが家中に充満します。さらに、洗ってあげることで、抜け毛も取り除くことができます。

家具を慎重に選ぶ

もし家にペットがいるなら、掃除しやすい家具を選ぶことが重要です。もし絨毯やその他の掃除を難しくするものがあると、毎回通常より長く掃除がかかったり、匂いもひどくなります。

この点に関しては、ペットを買うことで制限がかかってしまいます。しかし、簡単に洗えたり、掃除機をかけれたりできる絨毯を選べば、なんの問題もなく渋滞を毎日綺麗に保つことができます。

毎日ブラシをかけてあげる

犬が毛を落としていなくても、関係ありません。毎日ブラシをかけてあげましょう。犬の毛をピカピカで健康的に保つだけではなく、死んだ毛の残りを取り除くこともできます。こうすることで、犬の毛がソファの上、椅子、そしてカーペットなの家中に散らかることを防ぐことができます。

犬の寝床を洗ってあげる

基本的なことを綺麗に保ってあげることは、家を綺麗に保つ上でとても重要です。半月に1度犬を洗ってあげるなら、犬の寝床も一緒に洗ってあげることをオススメします。

カバーを取り外すことができない犬の寝床もありますが、そのまま洗濯機にいれたり、クリーニングにだすことができます。

カバーをつける

もし椅子をよい状態のままに保ち、掃除を簡単にしたいなら、一番できることはカバーや布を椅子にかぶせることです。シミがついたら、それをとって洗えばいいだけです。

カバーや布を椅子にかぶせる 家を綺麗に保つ

なにか掃除用品を使ってソファ全体を掃除するよりもだいぶマシです。カバーを洗っている間に、消臭剤も加えましょう。

部屋の換気をする

換気をすることで、嫌な匂いはどこかへいき、家に新鮮で綺麗な空気を入れることができるので、頻繁に行うようにしてください。毎朝起きたらできる限り行いましょう。犬が寝る場所はとくに換気が必要です。

ペットを飼うことで必ずしも家が汚くなるというわけではありません。こういった方法を行動に移すことで、新たなゲストが家にくる前のように綺麗になります。