遠吠えについて知っておくべきこと

13 10月, 2018
愛犬が遠吠えをしても心配しないでください。犬が吠えることは必ずしも悪いことのサインではありません。

犬は特定の状況で、ただ吠えるのではなく遠吠えをすることがあります。これは私たちをびっくりさせますし、あまり一般的ではない行動なので、なぜ犬が遠吠えをするのか不思議に思うでしょう。今回ははそんな「遠吠え」について話していこうと思います。

生態系的で見る犬や狼の遠吠え

まずはじめに、愛犬が遠吠えをしても心配しないでください。犬が吠えることは必ずしも悪いことのサインではありません。彼らのような動物間ではよくみられるコミュニケーションの一種で、遠くにいる仲間とコミュニケーションをするために遠吠えをします。

しかし、遠吠えはいつも使用するコミュニケーションの一種ではありません。何か遠吠えを思い出させる音を聞いた際の条件反射の時もあります。例えば、救急車やパトカーのサイレン、またはラッパ音や人の声でも遠吠えを反射的にしてしまうことがあります。

これが最も単純な答えと言ってもいいでしょう。しかし、もっと深くこのトピックについての理由や迷信についても見ていきましょう。

なぜ犬は遠吠えするの?

一般的に、犬は独特なコミュニケーション方法を持っています。そして、遠吠えもこのコミュニケーションの方法の1種になります。

犬は独特な他の犬や人間とのコミュニケーションの方法をもっています。

犬の聴覚は嗅覚と同じように私たちよりとても優れているということを忘れてはいけません。なので遠吠えは遠くにいる他の犬との典型的なコミュニケーション方法なのです。

また、犬達の間だけで行われるコミュニケーション方法というわけではありません。猟犬が飼い主から遠く離れてしまった場合は、自分の位置や獲物の位置を知らせるために遠吠えをする場合もあります。

さらに、これは感情を表現する方法でもあります。日中に犬がひとりぼっちで寂しい時に、力いっぱい遠吠えをしているのを聞くことは珍しいことではないと思います。

これを防ぐことはできるの?

答えはNOです。上記で説明した通り、遠吠えは犬の自然な行動であり、他の犬や人間とコミュニケーションする方法なのです。しかし、出来るだけ遠吠えをさせないようにすることは可能です。

その為には、犬を不安にさせないことです。ひとりぼっちにしてしまう時は犬が好きなおもちゃを一つか二つは置いていきましょう。また、外の音を防ぐために窓を締めるのも一つの手です。しかし、犬がしっかりと新鮮な空気が吸えるように注意も必要です。

遠吠えに関する迷信

  • 犬の遠吠えは家族になにか悪いことが起こることのサインだと信じる人、国もあります。これは、中世にペストで飼い主が死んでしまったことを悲しむ犬が遠吠えをしたことからきているようです。
  • 狼は月に向かって遠吠えするのは、ほとんどが偶然だと思いますが、高い場所で遠吠えをすると遠くまで聞こえるので、そのようなイメージが付いているのかもしれません。